マルチテナントIP-PBX Brekeke PBX

マルチテナントIP PBX


マルチテナント対応IP-PBXソフトウェアです。2004年に販売開始(当時の製品名は OnDO PBX)して以来、その機能、信頼性、スケーラビリティーと、運用の容易さから、多くのユーザーに指示されています。

2万ユーザーの企業向け電話システムや、IP電話サービス事業(クラウドPBXサービス、IPセントレックス)だけでなく、PBXメーカーから、小型のワンボックスIP-PBXとしてOEM販売されるなど、様々な形で利用されています。


Brekeke PBX - Network Diagram

WebRTC対応のIP-PBX

世界に先駆けて、IP-PBXとして、WebRTCと直接接続できるようになりました。

Chrome, Firefox などのWebRTCクライアントを利用できます。ビデオと音声に対応しています。詳細については、WebRTC対応 Brekeke製品をご覧ください。 また、PBXの機能として、ウェブベースのソフトフォンがウェブフォンとして内蔵されています。

サービス事業に対応(マルチテナントIP PBX)

Brekeke PBX がインストールされたサーバ1台で、複数の企業に対してPBX機能をクラウドサービスとして提供することができます。多機能IP-PBXであるにもかかわらず、スケーラビリティーにも優れており、たとえば、端末数が100程度の企業100社に対して1台のサーバでサービスが可能です。

IP電話回線直収/FMC・マルチキャリア対応

  • NTT東西 フレッツネクスト(NGN)
  • NTTコミュニケーションズ Arcstar IP Voice
  • KDDI 光ダイレクト
  • 楽天コミュニケーションズ Fusion IP-Phone

その他、多くのIP電話サービス網との接続試験をクリアしています。

マルチライン・ビジネスフォン対応IP-PBX

ナカヨ通信機、パナソニック、サクサ、ポリコム、Yealink、Linksys、Snom などのSIP端末で、ラインキー操作が可能です。よって、レガシーのPBXの持つビジネスフォン機能を使いたい方も、問題なくIP PBXへの移行が行えます。も例えば、パナソニック製のIP電話機でラインキーに保留した通話を、ナカヨ製のIP電話機からラインキーでピックアップすることもできます。

APIによる拡張、アプリ連携

PAL WebSocket APIにより、簡単にアプリケーション連携ができます。オペレーターコンソールやコールセンター向けCRMなど、IP-PBXと連携したアプリケーションを開発できます。

IVRデザイナー

IVR(自動音声応答)のフローをGUIで簡単に作成できます。IP-PBXでありながら、IVR専用システムに匹敵する機能を備えているため、多くのIVRのサービスとしても利用されています。詳細については、IVR(音声自動応答)をご覧ください。

セキュリティー

SRTPによる音声の暗号化や、TLS,WSSによるシグナリングの暗号化に対応しています。また、SIPを利用したアタックに対しても、ブロックするための機能をそろえています。

品質の高いプロトコル

Brekeke PBXには、Brekeke SIP Serverがバンドルされており、SIPサーバ(SIPプロキシ/レジストラ)としての機能も充実しています。よって、NATトラバーサルや、プロトコル変換など、Brekeke SIP Server の持つ多くの機能が、Brekeke PBXとしても利用可能です。

コールセンターにも

コールセンターシステム用のIP-PBXとしても利用できます。ブレケケ・コンタクトセンター・スイート以外にも、多くの企業により、Brekeke PBX をベースとしたコールセンターシステムが開発され、販売されています。

機能詳細については、Brekeke Software, Inc.社のウェブサイト、Brekeke PBXをご覧ください。

Brekeke PBXに関するご購入、再販、その他のご質問については、こちらからお問い合わせください。