WebRTC

WebRTC対応Brekeke製品


最新のリアルタイム通信技術 WebRTC と、それに対応した Brekeke製品を紹介します。

WebRTC について

WebRTC (Web Real-Time Communication) は、ウェブブラウザ同士でリアルタイムに映像、音声等を送受信できる新しい技術です。
従来のウェブ技術とは異なり、映像、音声のメディアデータはサーバを介さず利用者のブラウザ同士で直接通信することができ、コミュニケーションの即時性や低コスト化に期待が高まっています。
また、ウェブブラウザ以外のアプリやプラグインを端末にインストールする必要がありません。従来のリアルタイム通信技術では、SIP などのプロトコルに応じた端末を用意することで通信が実現できていましたが、WebRTC は、通常のウェブサイトと同様に、JavaScript で処理を記述するだけでサービスを提供できるよう設計されているので、ウェブブラウザだけで通信ができるようになります。
W3C (World Wide Web Consortium) により API の標準化が進められており、現在 Google Chrome、Mozilla Firefox、Opera の各ブラウザは標準で WebRTC 機能をサポートしています。

Brekeke UC - Network Diagram

サービス提供者から見た WebRTC の特長

WebRTC はプログラム可能な JavaScript の API として実装されており、ビデオ通話やデバイス制御の専門知識がなくても、映像や音声のリアルタイム通信機能をウェブサイトに容易に組み込むことができます。
既存のコールセンターで使用するウェブアプリケーションや、コミュニケーションサイトなどのウェブサイトに、機能を追加する形でテレビ会議やソフトフォン機能などを利用者に提供できるようになります。

サービス利用者から見た WebRTC の特長

WebRTC に対応したウェブブラウザさえあれば、WebRTC が組み込まれたウェブサイトにアクセスするだけで利用を開始することができます。プラグインやソフトウェアをインストールすることなくブラウザからカメラとマイクを扱うことができ、利用者同士で映像や音声による通信ができます。

Brekeke UC

Brekeke UCは、WebRTC の特徴を生かしたユニファイドコミュニケーション・プラットフォームです。音声、ビデオ会議、チャットなど、ウェブブラウザ上で行うことができます。

WebRTC 対応の Brekeke PBX の役割

IP-PBXとして、世界に先駆けて高いレベルでのWebRTC接続を実現しています。Brekeke PBX は、WebRTC クライアントを従来のハードフォン、ソフトフォン等の SIP 端末と同じように扱うことができます。特別なモジュールも必要とせず、端末のタイプとしてWebRTCを選択するだけで使えます。勿論、WebRTC 同士だけでなく、WebRTC と SIP 端末、会議ボックス、公衆回線等、従来の端末が接続できる様々な接続先との通信も可能になります。
Brekeke PBX により、これまでの IP 電話ソリューションと、新しいコミュニケーション手段である WebRTC とが統合され、従来の方法では難しかったさまざまなサービスを実現することができます。

ビデオコールセンターが実現できます。

これまで、ビデオコールセンター実現の課題として、お客様側もコールセンターと同じビデオ通話サービスを利用するか、同じビデオ電話機を持つ必要がありました。そのため不特定多数のコールを受付けるコールセンターは実現できませんでした。WebRTC に対応したことで、ブラウザを利用できる端末から、誰でもコールセンターにビデオコールができるようになりました。

インターネットビデオ会議ができます。

Brekeke PBX のビデオ会議ボックスに WebRTC で接続することにより、インターネット環境さえあれば社内外で会議が可能になります。勿論、音声のみの端末も会議参加できます。

BYOD を簡単に実現します。

パソコンやタブレット、スマートフォンのブラウザから Brekeke PBX を経由して公衆回線に発信することができます。データ SIM だけの端末からも電話ができます。

Brekeke SIP Server と WebRTC

Brekeke SIP Server は、SIP トランスポートとして WebSocket に対応しているため、ブラウザから Brekeke SIP Server に対して、WebSocket で SIP メッセージを送ることが可能です。よって、WebRTC をサポートしたブラウザ同士であれば、Brekeke SIP Server による接続が可能です。PBX 機能を利用したい場合や、IP 電話接続、SIP に対応した (WebRTC はサポートしていない) 端末などと WebRTC を接続する場合に、Brekeke PBX が必要になります。


Brekeke PBX の詳細については、マルチテナントIP PBX (Brekeke PBX)のページと、Brekeke Software, Inc.社のウェブサイト、Brekeke PBXのページをご覧ください。

Brekeke SIP Serverの 詳細については、SIPプロキシ・レジストラサーバ (Brekeke SIP Server)のページと、Brekeke Software, Inc.社のウェブサイト、Brekeke SIP Serverのページをご覧ください。

ライセンスのご購入、再販、その他のご質問については、こちらからお問い合わせください。


※ パンフレット - 『Brekeke PBXで、WebRTCがIP電話につながる』