プレスリリース


2012年4月10日
株式会社 コアックス

コアックス、日本初、圏外などのガイダンスを識別し、
高い発信効率を実現できるプレディクティブダイヤラーを開発

IPコンタクトセンターの構築を支援する、株式会社コアックス(本社:東京都豊島区、代表取締役:山出 晋)は、『ブレケケ・アウトバウンドダイヤラー』に圏外など発信中止理由の自動判別機能を搭載した新バージョンの販売を開始します。2012年6月1日よりソフトウェアパッケージ販売とサブスクリプションによる提供を開始します。

■開発経緯について
アウトバウンドダイヤラーは効率アップのために使用されていない無効電話番号や電源断・圏外にある電話番号を適切に判定することが求められます。ブレケケ・アウトバウンドダイヤラーには、従来のバージョンから国際規格ITU-T Q.850対応機能が備わっており、IP回線を使用してもISDN回線と同等の判定能力があります。しかし、ISDN回線の理由コードは電話事業者毎に違った解釈で利用されている場合があります。そのため番号ポータビリティの実施以降、正確な切断理由判定ができなくなっており、プレディクティブダイヤラーを利用する上での課題になっていました。

■新機能について
ブレケケ・アウトバウンドダイヤラーの新バージョンではガイダンス音声を識別することで、無効電話番号や圏外の判定を行います。架け先の携帯電話事業者が違っても正しく判別可能です。また無効電話番号と再発信が必要となる電源断・圏外の電話番号を区別して再発信が必要な場合のみ再発信を行います。また、発信効率のアップだけでなく、発信できなかった電話番号の理由確認もできます。

■ブレケケ・アウトバウンドダイヤラーについて
ブレケケ・アウトバウンドダイヤラーは『ブレケケ・コンタクトセンター・スイート』のオプションとして提供するアウトバウンドダイヤラーパッケージです。2010年2月より販売を行っております。プレディクティブコール、プログレッシブコール、プレビューコールおよび自動音声アウトバウンドの全ての発信モードをサポートしております。

■会社概要
商号  : 株式会社コアックス(英語名:KOAX Inc.)
設立  : 1999年12月
所在地 : 〒171-0014 東京都豊島区池袋3-24-2
代表  : 代表取締役 山出 晋

事業内容: IP電話関連サービスの提供、電話関連ソフトウェア開発、
      コンサルティングの提供、IPコンタクトセンター構築支援、
      プレディクティブ・ダイヤラーの開発、
      テレカン君(無料電話会議サービス)の運営
URL   : http://koax.jp/

■本件に対する問い合わせ先
株式会社 コアックス
E-mail:info@koax.jp
お問い合わせフォーム:http://koax.jp/contact