Brekeke Customer Interaction Manager (Brekeke CIM)


コンタクトセンター・スイートの中枢となる製品です。
Brekeke PBXと連携して、通話の制御を行います。ACDダイヤラーのエンジンとして、 管理者やエージェントのアカウント管理、ステータス管理をします。コールセンターと、バックオフィス(オフィス向けの一般的なビジネス電話システム)での運用を一つのシステムで行えるのも特徴です。また、エージェントは、WebRTCベースのソフトフォンを使用することができ、ビデオコールセンターも実現できます。

ユーザー一覧画面

コールセンターのエージェントやスーパーバイザーのアカウントを管理する画面です。

ユーザー一覧画面

DNIS一覧画面

着信した電話番号に応じた設定を行うための画面です。

DNIS一覧画面

インバウンド・コールセンター機能 (ACD)

  • 最長待ち時間判定
  • キューの優先設定
  • スキル配分
  • マルチACD登録
  • 待ち時間判定再キューイング
  • スクリプト拡張

アウトバウンド・コールセンター機能

  • プレディクティブ・ダイヤリング
  • プログレッシブ・ダイヤリング
  • IVR ダイヤリング (オートコール)
  • プレビュー・ダイヤリング (クリックコール)
  • インバウンドとのブレンディング
プレディクティブ、プログレッシブ、IVRダイヤリングについては、 Brekeke CRMと連携して行います。

その他の機能

  • ログ出力
  • アカウント管理・権限管理
  • エージェントのステータス管理
  • CIMクライアント連携
※ログ閲覧を行うには、Brekeke Contact Analytics (Brekeke CA) が必要です。

連携可能なシステム・サービス(CIMクライアント連携)

※デュアル・アプリケーション連携機能により、エージェントは、2つのCRMを同時に開いて作業することもできます。 ※その他のシステム・サービスについても連携するためのAPIが充実しています。